うつを治すためには情報収集を徹底するのがポイント

じわじわとくる

男女

人間関係や仕事のストレスで発症するうつは、いつも不安で気力が低下する心の風邪と呼ばれています。悩みを解消できればいいですが、それができないとうつ症状はもっと深刻になり自殺を考えるようになります。自分はダメな人間だと勘違いし、趣味を楽しむことがなくなった等の症状が出ている場合はうつの仕組みを知って改善策を取り入れる必要があります。不安や緊張状態が続くと脳内にあるセロトニンという物質が脳機能を低下させることが分かっています。うつの場合、憂鬱な気分が押し寄せるため意欲の低下がみられるでしょう。ノルアドレナリンと喜びを司るドーパミンの機能がなくなり、うつの症状を悪化させます。中にはうつに発展せず、不安だけが強く残るケースがありますが、これを不安障害と呼んでいます。この症状にはセロトニンが関与していますが、うつの場合、先ほど挙げた物質すべてが関わってきます。つまり、うつの治療をする場合は物質の区別をすることが重要であり、治療に必要な薬の分別が完治のポイントになります。

うつになると、脳内のある場所に変化が現れるようです。うつじゃない人の帯状回と、うつになった人の帯状回を見比べると健康な人より一回り小さくなっているのが画像で確認されました。原因として考えられるのが慢性的なストレスです。人はストレスに侵されるとそれに抵抗するためコルチゾールという物質を大量に分泌させます。長く続けば脳に傷をつけ、海馬が委縮してしまいます。脳の神経栄養因子がすでに低下している状態でもありますから、うつ症状を長く放置してはならない事がわかります。治療期間も長引き、社会復帰もままならなくなるでしょう。人間関係や仕事のストレスは誰でもありますが、上手に発散することもうつを予防する方法になります。趣味を作ったり、気が許せる仲間と飲みに行ったりするなどはけ口があるとストレスを溜め込むことはありません。

心と体に出る症状

女医

うつは、心だけではなく体にも症状が現れます。うつになった時これらの症状が強く出るため、周囲の人も変化にすぐ気づくでしょう。ただ、症状がそこまで出ていないとうつだったとしても気づかれにくいです。

More Detail

進行から完治まで

男性

心の風邪とも言われるうつは、放置すると危険ですが正しく治療をすれば治すことができます。まずはどのように進行し、完治に向かうのかを正しく理解することから始めましょう。

More Detail

放置するとどうなる

花

うつという自覚がないので、病院に行こうという意識になりません。その間にも病状は進み、取返しのつかないところまでいってしまいます。うつを放置すると大変なので支える側も病気を理解する必要があります。

More Detail

診察の内容

女性

うつの診察は主に問診が中心です。その中でよく質問されることがありますから病院を受診する前にチェックしましょう。風邪とは違い、内科では発見できない病なので心療内科や精神科への受診が正しいです。

More Detail

受診する場所

ハート

うつの症状である気分の落ち込み、やる気がおきない状態は本人も非常に辛いものです。どうにか気持ちを入れ替えたい、完治したいという気持ちが真っ先にくるでしょう。しかしどの科に行くべきなのか迷う場合もあります。

More Detail

TOP